40代を過ぎた女性は植物性乳酸菌を積極的に摂る事が大切

投稿者: | 2018年7月3日

近年、私達の健康と腸内環境の改善の関連性は非常に大きい事が知られておりますが、特に40代を過ぎた人の腸内環境は、善玉菌の減少に伴う健康への悪影響が心配されており、その対策として乳酸菌の摂取を挙げる事が出来ます。

そこで40代以降に迎える更年期に当たる女性の乳酸菌摂取に付いて考えて見ましょう。

乳酸菌の働きで腸内環境を整える

私達の腸内には善玉菌や悪玉菌、日和見菌がバランスを取りながら生活しておりますが、40代を過ぎて来るとホルモンの分泌量の減少に伴い腸内の善玉菌の減少を招き、悪玉菌が増えてしまい易い腸内環境になって来ます。

腸内環境の悪化は、女性にとって大敵の肌のハリや艶を減らして行くと共に、便秘等の症状を引き起こしやすくなります。

その為、大切な事は腸内の善玉菌の数を増やす事が必要になります。

腸内の善玉菌を増やす効果的な方法は、善玉菌のエサとなる栄養素を多く摂る事が必要になり、特に乳酸菌は善玉菌の恰好のエサとなる為積極的に摂る事が大切になります。

特に植物性乳酸菌を摂る事が大切

この乳酸菌には実に多くの種類が有り現在研究されているだけでもおおよそ350種類以上有ると言われております。

そんな乳酸菌にも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があり、大きく分けると乳製品に多く含まれるのが動物性乳酸菌、味噌や醤油、漬け物等に多く含まれるのが植物性乳酸菌と分ける事が出来ます。

特に40代を過ぎた女性にとって積極的に摂取したいのは植物性乳酸菌であると言えます。

動物性乳酸菌は人によっては乳アレルギー等をお持ちの方もいる為、日本の食習慣に昔から大変馴染みの食材に多く含まれる植物性乳酸菌がお薦めで有ると言えます。

更に、この植物性乳酸菌は生きたまま腸迄届くと言う特徴を持っており、腸内の善玉菌のエサとしては最も適している言えます。

乳酸菌 サプリ効果

40代を過ぎた女性は積極的に乳酸菌を摂る事が大切

乳酸菌は、加齢に伴い悪化しつつある腸内環境を整える為には欠かす事の出来ない栄養素と言えます。

特に日本の伝統的な食文化に欠かす事が出来ない味噌や漬け物から摂る事が出来る植物性乳酸菌は、40代以降の女性が積極的に摂る事で腸内環境の改善を図ると共に、肌トラブルや便秘の改善も期待できる栄養素ですので、積極的に摂取出来る様に心掛けましょう。